耳元で「早く捕まればいいのに」とつぶやく女(顔認証体験談その4)

勤務先のショッピングモールでの監視被害

私が顔認証システムに登録された場所は、勤務先のショッピングモールだと思います。どうして私が勤務先に万引きを疑われなければならないのか全く分かりません。

勤務先だけでなく、他のスーパーやドラッグストアなどでも執拗な監視を受けます。

監視は警備員、万引きGメン、防犯パトロール、店員などにより行われます。監視や嫌がらせの方法は以下のとおり様々です。

・私の体にわざとぶつかってくる
・私の持っているカバンを覗きみてくる
・立ち止まって私の顔をじっとにらんでくる
・意図的に鍵をジャラジャラさせて威嚇してくる
・スマホを見ながら私の後をぴったりついてくる

このような監視や嫌がらせをされることで、実際の仕事にも支障が出ています。

トイレの不審な女

数えきれないほどの監視被害がありましたが、最も気味が悪く印象的な出来事をぜひ具体的に知ってほしいです。

私が、勤務先のショッピングモールで、休憩時間にトイレから出た際に、カバンの中にある自分の携帯電話を探していました。

そこで、ふと気付くと、私の背中辺りから私のカバンの中身をのぞきこんでいる女性がいたのです。私が驚きながら振り向くと、その女性はダッシュでトイレの中に逃げ込んでいきました。

私がその場で呆然と立ち尽くしていると、その女性がまた現れ、私の顔を睨みつけてくるのです。

私は、私を挑発するような女性の態度に腹が立ったので、その女性の方に向かっていくと、女性はまたダッシュでトイレの中に逃げこんでいきました。

別の日に勤務先のトイレで休憩時間に化粧直しをしていると、前とは別の女性が隣に来て私のカバンの中をのぞきこんだ後に立ち去っていきました。

その他にも、警備員とすれ違ったときに私のカバンのなかをのぞかれたことが三回ほどあります。カバンをのぞかれる被害に遭う場所は、勤め先のショッピングモールだけです。

5kmもついてくる男

もう一つの出来事は、あるドラッグストアで起こりました。私がドラッグストアの駐車場に車を停めて店に入った時、男の人も私のあとについて入って来ました。

私が気にせず買い物をした後、レジで精算をしていると、その男性は手に何も持たないまま、私の斜め後ろにぴったりと立っていたのです。男性は、私の手元の辺りをにらみつけるように凝視しているのが分かりました。

私は男性による不当な監視を受けて気分が悪くなりました。その後、ドラッグストアを出て、そこから約5キロ離れたスーパーに車で行きました。

すると、そのスーパーでも、さっきのドラッグストアにいたのと同じ男性が携帯で話しながら、私の顔を凝視していたのです。5kmも離れているので、単なる偶然ではありません。

不特定多数の人からの監視被害

店舗での監視以外に、防犯パトロールからの監視が私にとって一番辛いです。色々な場所で防犯パトロールのメンバーに監視されています。もちろん、勤め先のショッピングモールでも防犯パトロールによる監視被害にあっています。

私が勤務先のショッピングモールに行くと、老夫婦、家族連れ、主婦グループなどがスマホを手に持ちながら、わざわざ私の顔を見に来るのです。

私の顔をみて、怖がる人や睨みつけてくる人など反応は様々です。そしてスマホに何かを打ち込んでから去っていきます。中年男性は、私の前で立ち止まり、こちらをじーっと見て舌打ちをして立ち去っていきました。

また、中年女性がこちらへすーっと寄ってきて、私の耳元で「早く捕まればいいのに。」とつぶやかれたこともあります。私は「捕まるって何?」っと思いました。本当に、最近は私の周辺で気持ちの悪いことばかり起きます。

冤罪被害を生みだす警察の実態

なお、勤務先のショッピングモールで万引き被害があったとき、駆けつけた警察官が「多分この人が犯人かなーと思った人も教えてほしい。監視カメラで追って車のナンバーを登録しますから」と言っていました。

私は、「なるほど商品を盗ったところを見ていなくても、あの人かも?で登録されてしまうんだ」と思いぞっとしたのを覚えています。

私の気持ち

何もしていない私がここまで執拗な監視を受けると本当に悲しくなります。どうか私に元の平穏な生活を返してほしいです。

カテゴリー: 体験談, 最新情報 パーマリンク